金曜コラム 16

年に一度の北海道

数年前から、年に一度、写真家に戻る日、北海道に3泊4日レンタカーで美瑛、上富良野を中心に畑巡りをしています。日常から離れて唯一無口になる四日間です。

日の出から日没、時には、夜空の撮影で結局ずっと一日中写真撮影して過ごします。

出発前には行きたくない気分も多々あります、何故それでも行くのか、理由は二つです。

イメージすることを鈍らせないため、北海道の大地に四日間も浸ると自分の中の小さなことを洗い流すためです。

気どった言い方になってますが、毎回季節を変えて行ってますから、大地の厳しさも感じる時ありますが所詮私は旅行者ですから、住んでわかることが解らないと思うます。

最初は写真家の前田真三さんの写真館、拓真館に行ったことと丘に魅せられたのはハマったきっかけでした。未だに前田真三さんのような写真に近づけるどころか年に一度の写真撮影だと遠のいているのが現実ですね、はっきり言って写真家よりはもう商人ですからね、だから一つの目標に商いで結果を出して、最終的には美瑛町に一年の3ヶ月から半年は住むことが目標です。

美瑛町に大村って場所に映画で建てた家があって、その場所からの景色が最高です。

広告を非表示にする