娘に聞いてみたいこと

もうすぐ臨月になるので

べびを出産したあとの

自分の気持ちの変化について

考えたりします。

ふうちゃんのことで

悲しんだり苦しんだりする日は

減ってくれるのかなーって

楽しかったこと

面白かったこと

幸せだったこと

そんな思い出がいっぱいあるのに

なぜか最後のあの日のことだけを

何度も思いだしてしまって。

べびが生まれたら

ポジティブな思い出ばかりを

思いだせるようになるのかなと

遠い遠いお空にいる娘に

聞いてみたいこと

自分のことを思い出して

泣いてばかりのママを見て

どう思っていますか?

後悔や自負、心を痛めて

死にたいと呟いたあのときの私を

娘はきっと悲しい目で見てたに違いない

誰のために

笑顔で、強く生きるのか。

私は、娘のために生きたいです。

もうすぐ産まれるべびのため

共に人生を歩む夫のため

もちろんそれもあるけど

まずは、ふうちゃんのために

娘にとっての生きるは

そういうことだと思うから

私や夫が生きている限り

常に娘の心は私達の心にいる

いつも一緒に

ここで一緒に生きてる。

美味しいものを食べたときも

綺麗な景色を眺めてるときも

何をしていても

そこには必ず娘もいる

だから笑って家族の時間を

過ごしたいのです。

ふうちゃんに幸せな時間を

見せてあげたい。

だから

強く生きていきます

泣き虫ママは卒業!

すふれ。