古代レムリアの記憶女神イシスー

私は、何故かレムリアに御縁があります。

御縁が有るということは、私の使命に基づく情報があるという事。

インターネットで古代レムリアを調べていると、とんでもない結論に行きつきました。

私は女神イシスである

この事を知る以前に地元の石屋さんで見かけた、沢山の虹が入ったレムリアンシードにイシスという名前が付けられていました。

とても美しく、ほわぁあとした気持ちで眺めていると何となく、その子が側に有るのが当然といった気持ちになってきました。が、結局買いませんでした。

そしたら、その後に会った母からお小遣いを頂きました。

そして次の日に出会ったレムリアンシードと御縁がありまして、御家にお迎えし、眺めていると大量の虹が!

しかも、日に日に増えています。

目を瞑っていても瞼の裏に出てくる時があります。

私は、何故か無性にイシスという名前が好きです。

どこかしっくり来ます。

そんな中、レムリアの最期を調べていますと、こんな記事が有りました。

風女神マライア

火女神ペレ

水女神イシス

土女神ガイア

光愛とかバラという人もいる

(参考記事なぜ今レムリアなのか。)

イシスは、水の女神様だったのです。

ここで、私と水の御縁を書きだしてみます。

水の女神さまとは基本的に御縁がある(主に弁才天様)

姓名判断では五行思想で水

五行で水月(みづき)のみは水

十二支は癸酉に当たる

(癸は陰の水で、雨や露という意味。十二支の中でも癸に当たり、金の陰支となる)

龍との御縁がある

(過去に龍の住まう所へ行き、川へ生卵を投げると龍が卵を飲み込む所に遭遇しました。側に居た人が初めて見た!お前すごいな、神様に愛されてるぞ!と大興奮でした。)

基本的には水は陰の質なのですが、更に陰、つまり女性を指すことになります。

更に、イシスは月とも御縁があります。

(とても賢い女神だったとか。)

と言う事は、水月という名前は使命に気付く為に付けられたのではないでしょうか。

全てが偶然にしては、出来過ぎています。

しかし

昨日、何も知らずに描いた絵が、地球に来た全ての答えだったなんて。

この絵を最初に描いた時は深海っぽくする予定だったのですが、唐突に空の絵が描きたくなったので、急遽、色合いを変更しました。

そしたら最後に泡を着け足そうと直感が働いたので、ブワーッと泡を書いてみました。

まさか、これが私の答えだったなんて、知る由もなく。

今、次と女神たちが目覚め始めています。

それだけ地球は危機に面しているのです。

アトランティスの再来、レムリアの発掘

私たち女神が地球に来たことも、全て偶然ではありません。

私は、使命に向かわねばならない。

姉妹を目覚めさせ、次は何処に向かえば良いのか皆目見当がつきませんが、レムリア崩壊の再来を阻止すべく此処に居る事は確かです。

皆さん、どうかご協力ください。

地球の為、愛の為に立ち上がりましょう。